悪徳サイトに注意しましょう

悪徳サイトというのは油断ならない存在です。
純粋に出会いを求めているユーザーをお金目的のために、手段を選ばず騙してくるからです。
有料の出会い系サイトであれば、信じられない金額を請求してくることもあるのですから。
もしも騙されやすいと感じる人がいるのであれば、利用する際には注意が必要でしょう。

例えば出会い系サイトから30万円だの50万円だのという請求料金が送られてきても、
支払う必要はありませんので、慌てないでください。
もしもお子さんがいるのであれば、危険性を十分に伝えるべきだと思います。

また不当な架空請求であったとしても、少額請求訴訟を起こされた場合は、きちんと対応しなければいけません。
迷惑メールと同じように対応してしまうと、支払の義務を追うことになるからです。
一見して悪徳サイトと感じるようなサイトに登録することは止めましょう。
自ら危険に飛び込む必要などないのですから。

悪徳出会い系サイトは、ユーザーに出会いを提供するつもりなど全く無いので、
高額なポイント設定をしている場合が多いようです。
ほかのサイトと比べた時に、あまりにも異常な違いがあるのであれば、登録を止めるか、
既に登録をしているのであれば退会を考えましょう。

出会いの望める出会い系サイトというのは、利用するのに無理の無い料金設定になっています。
高額な料金をとるから取って、安心、安全、出会いがあるわけではないのです。

最近の出会い系サイト被害

出会い系サイトの中には、悪質な詐欺行為を働くサイトがたくさんあります。

中でも多いのは、事前に明確な料金提示をしないでおいで、あとからを法外な額の利用料金を請求するといった手法、いわゆる架空請求を行う悪質サイトが後を絶ちません。
現在にいたっても、利用料金をはっきり明示していないサイトは避けるべきでしょう。
利用料金が明記されていないと無料なのではと勘違いしまうのですが、多くの場合がそうではありません。
おおよそサイト運営費のかからないような簡素な作りのサイトでも、一ヶ月ほど利用したあとで高額な利用料金を請求するところがあります。

利用者から見れば、サイトの作りからは考えられないという驚きがあるかもしれませんが、サイトの作りだけで大丈夫だろうと思い込むのは良くありません。
利用規約自体、あるいは規約に利用料金の詳細が明記されていないにもかかわらず、利用した分を支払うのは当然とばかりに請求してくることもあるのです。

これまでそうした架空請求の対処法として有効だったのは、ひたすらに応じず無視することだったのですが、最近では、無視すると逆効果を及ぼすような新手の請求方法もあるので、利用料金が明示されていないからといって、ゆるく考えるのはトラブルの素となるので充分に気をつけましょう。

携帯にメールが来ないのはアドレスのせい?

合コンで会って何となく意気投合して、携帯のメールアドレスを教えたのに返事が来ない。
アドレス交換をしたときには、すぐにでもメールを送ってくれそうだったのにいったいなぜ?
そんな方はいらっしゃいませんか?

私の友人でもいるんですよね。
いかにもモテそうでイケメンで、話上手。
それなのにせっかく教えたメールアドレスにメールが送られてくることがない。

その友人の場合は、なぜ、メールが来ないのかというと、実は携帯のメールアドレスにちょっと問題があるようなんです。
その友人の場合、ガンダムムのモビールスーツの型式番号をメールアドレスの中に入れているんですよね。

ちょっと、そういうのって、女性に引かれてしまうのではないかと思います。

他にね、こういう人はあまりいないと思うんですが、メアドに下ネタを連想するような言葉をいれていたり、あと、好きなアイドル名-love@~なんていうアドレスをつけていると、面白いと思ってくれるといいんですが、何となくふざけているみたいで、女性としてたためらってしまうのではないでしょうか?

それとね、もっと考えてしまうのは、メールアドレスに、いかにも元カノの名前とか、別れた奥さんの名前が入っている場合。
こうなると、今でも、まだ、失恋の痛手から立ち直ってないんじゃないの?
と思ってしまうので、やっぱり、女性の方からメールしてみようとは思わないのではないでしょうか?

もちろん、よく知っている相手の場合は、それでも良しとするかもしれませんが、あまりよく知らない相手だと、いくら素敵だと思える人でも、もっと普通のアドレスの人の方が安心?…なんて思ってしまいますよね。

出会い系サイト規制の見直し

現在の出会い系サイトはエントリーにあたり身分証の提示が義務付けられており、18歳未満の人は利用できません。
エントリーの手続きというのは、規制によって少し面倒になっただけで実際にはかい潜れるレベルなのですが、確かにサイトを不正利用する児童の数は減り、援助交際も少なくなりました。
しかし以前起こった出会い系サイトを介しての児童殺害事件は忘れることができませんし、いつ起こってもおかしくない事件であると言えます。

出会い系サイト自体に規制は入りましたが、出会い系サイトと似たような機能を果たすコミュニティーサイト、たとえばラインやフェイスブックなどでの事件も新たに増加しているため警戒を怠ってはいけません。

そういったサイトを通じて、かつて出会い系サイトで起こったような劣悪な事件に巻き込まれる可能性は充分考えられますし、出会い系サイトのみならず、出会い系サイト以外のコミュニティーサイトにも危険が潜んでいると言えます。
つまり、そうしたサイトを介して起こる事件を食い止めるには、出会い系サイトを規制しただけでは収まらないというわけです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.